2018年聴き初め2018年01月03日

2018年は三日目にしてようやくレコードに針を落とした.

2018聴き初め

CREAMの『Wheels of Fire』.

保護用のポリ袋から出すと、盤上に粒状のゴミが!

軽く触れてみると盛り上がっていて簡単には取れなさそう.
それでも注意深く取り除くことができた.

何年もの間に付着したほこりが湿気を吸って固まったのだろう.

レコードはだいぶ減らしたけど、それでもまだ100枚ほどある.
なかなか順繰りに聴くことはできないけど、定期的な盤のチェックは必要ですね.

CD購入2017年02月25日

久々に「HMV」でCDを購入した.

LPレコードはだいぶ整理して、お気に入りやどうしようか悩んだものだけ手元に残してある.

以前はそれほど気に入っていなかったのに、あるとき突然聴いてみると再認識することがある.

ジョン・マクラフリンもその一人.

手元に残してあるのは『devotion』.

John Maclaughlin/devotion

レコードをパソコンに読み込む器具ももう必要ないと思い手放してしまった.
iPod等に取り込むにはデジタル音源を手に入れなければならないけど、iTunes Store で探したけど見当たらない.

それならば、とHMVのサイトを検索するとありました!
作品紹介の写真はレコードジャケットと同じ写真だけど、購入したユーザーのコメントでは、ジャケットがオリジナルではない、と書かれていた.

とにかく注文して本日届きました.

開けてみると指摘の通り、ジャケットの写真は全く違いました.それに初めてのポルトガル盤.それでも曲の順番はレコードと同じだから由としよう.

でも、なんでわざわざ写真を替えるのかな〜.

レコードディスプレイ2016年08月20日

レコードディスプレイ
LPレコードをだいぶ整理して残ったアルバムの一部を壁に展示しようと思い、角材と合板で作成してみた.

レコードジャケットのサイズ315ミリに差し込みスペースを加え桟木の間隔は323ミリに設定.

あとはレコードジャケットが飛び出さないように上下を塗装した合板で支える.

3枚ずつ2段で都合6枚飾ることができる.

気分で時々交換しよう.

それにしても桟木を壁に固定するのに壁に使用されている石膏ボードは難儀した.

あとは窓側のジャケットの日焼けがちょっと心配なので対策を考えなければいけないかな.

B&W685S2の顛末2016年04月11日

B&W685S2のプラスティックパッド
昨年末展示品を購入したB&Wの685S2、段ボール箱は不要だけど、保証書の再発行と取説を取り寄せて欲しいとお願いしてあった.

しばらくして輸入代理店のディーアンドエムホールディングスの保証書とマニュアルのコピーが送られてきた.

マニュアルはB&WのウェブサイトにあるマニュアルのPDFファイルをダウンロードして印刷したものだった.

そのマニュアルには付属品としてバスレフダクトに使うウレタンフォームとブックシェルフとして使う場合の底に貼るプラスティックパッドが載っていた.

ウレタンフォームは購入時に受け取っていたけど、プラスティックパッドはなかった.

B&Wのスピーカーシステムは基本的にオプションのスピーカースタンドをセットするようだけど、ブックシェルフとして使うつもりなのでプラスティックパッドを取り寄せて送って欲しいと電話でお願いした.

それから一月も経っても何も連絡がないので催促の電話をすると、輸入元に連絡してあるけど返事がない、との返事.

それを何度も繰り返し、堪忍袋の緒が切れて、自分は新品の展示品を購入したのであって、部品のない現状品を購入したわけではない、と主張しても全く反応がなかった.
それなら685S2は現行品なのだから、同じように展示するために1セット納入してその中のプラスティックパッドを送ってもらい、そのセットは部品の欠如した展示品として販売したらどうなのか、とも提案せざるをえなかった.

とにかく早急に何とかして欲しい!と電話を切った.

すると、3日ほどでプラスティックパッドが入った封筒が送られてきた.

かつては清水店で無理を言ってロバートジョンソンのLPレコードを個人的に取り寄せていただいたこともある会社なのに今回の対応はとても残念だった.

スピーカーシステム2015年12月26日

B&Wの685S2とバックロードホーン
40年以上、ユニットを交換しながら使い続けてきた自作の長岡式バックロードホーンも、新しい家では場所を取り過ぎるので、コンパクトなスピーカーシステムに交換しようと物色していた.

近くにオーディオ専門の店もなく、ネットで調べながらもコジマでいくつかの現物を確認することができた.

デザインではJBLが気に入っていたけど、たまたまその横にB&Wの686S2があり、コンパクトながらもなかなか良いなと思った.

忘年会で静岡の街に行った時、そういえば「すみや」ならもっと現物がそろっているかと思い寄ってみると、閉店セールをやっていた.
周辺の再開発での閉店のようで、すでに一ヶ月が過ぎていて商品はだいぶ少なかった中にB&Wの685S2があった.

当初の予定の686S2の1ランク上の製品なので、閉店セールの展示品とはいえ、686S2よりは高い.
即決はできず、ちょっと考えることにして、その間に売れないことを願い店を後にした.

二日後に再び行ってみると幸い売れずに残っていた.

バックロードホーンを処分してからにしようと思ったけど、待ちきれずに購入を決めた.

しかし、購入を決め、店員が商品を梱包しようとして段ボールを探したけど、なかなか見つからなかった.
B&Wの空き箱はCM6S2のものしかないようだった.
CM6S2は大きさは685S2と同じくらいだけど、価格は3倍くらい!
どうもCM6S2を売ったときに間違えて685S2の段ボール箱に入れて渡してしまったようだ.なんと箱に貼り付けた685S2の保証書と共に….

段ボール箱は無しでプチプチシートで包んでもらい、後日取説と保証書を再発行してもらい郵送で送っていただくことにした.
このごたごたでさらに値引きしてもらい、686S2と同じくらいで手に入れることができた.

さて、後はこの大きなバックロードホーンを処分しなくては….